free bootstrap web builder software download

その他

岡崎哲二ゼミ

火曜5限 オールラウンド 演習

Q1.何について勉強してる?

経済事象の比較分析

Q2.普段の活動はどんな感じ?

前期は教科書の輪読。後期は卒論(任意)とゼミ論の発表。

Q3.教授はどんな人?

    温厚で優しい

    Q4.ゼミ生はどんな人たち?

    とにかく個性が強い。要領の良さそうな人が多い。

    Q5.2016年度選考はどんな感じだった?

    志望同期の提出と教授との面談

    Q6.駒場科目のテストに向けてアドバイス

    教科書をしっかり読んで過去問を何年か解けば単位は来ます。

    片平ゼミ

    火曜16時〜18時 ブランドマーケティング 自主ゼミ(単位は出ません)

    Q1.何について勉強してる?

    ブランドについて

    Q2.普段の活動はどんな感じ?

    企業の方にブランドに関するお話をきいたり、自分たちで発表をしたりして、ブランドの「芯」について学んでいます!

    Q3.教授はどんな人?

    ざっくばらんで話しやすい方ですが、しっかりと自分の意見をもっていらっしゃいます。

    Q4.ゼミ生はどんな人たち?

    いい人、面白い人が多いです。

    Q5.2016年度選考はどんな感じだった?

    書類を提出し、それに基づいて先生との面談

    Q6.駒場科目のテストに向けてアドバイス

    落とすとあとでつらいです。

    澤田ゼミ

    金曜5限 開発経済 少人数講義
    ゼミ公式hp

    Q1.何について勉強してる?

    計量経済学的な視点から、開発経済学のトピックについて分析しています。

    開発経済を中心に学んでいる経済学部唯一のゼミです。

    Q2.普段の活動はどんな感じ?

    夏学期は計量経済学の基礎と開発経済学の入門を学びます。澤田先生の「開発経済Ⅰ・Ⅱ」の履修も推奨します。

    弊ゼミのメインイベントは夏季休暇中に行われる途上国でのフィールドワークです。入ゼミ直後から、3年生・4年生が合同でフィールドワークの計画を練ります。

    冬学期には、開発経済の論文を読むとともに、フィールドワークで得られたデータの分析と論文執筆、韓国での研究発表などを行います。"

    Q3.教授はどんな人?

      澤田康幸先生はご多忙ですが、貴重な時間を割いてゼミ生に向き合ってくださいます。ゼミ中のツッコミは厳しく、飲み会でもツッコむのが大好きなとても優しい先生です。日本に限らず世界中の飲み屋を知り尽くしていらっしゃいます。

      Q4.ゼミ生はどんな人たち?

      院進を志す学者肌の人、学生団体で活躍する人、海外でインターンをしている人、他ゼミのゼミ長、留学生、バックパッカー、運動部員、ジャズドラマー、俳人、ラッパーなど多様で個性的なメンバーです。もちろんダブゼミは可能で、実際にダブゼミをしている学生も多数在籍しています。

      ちなみに弊ゼミは「少人数講義」ですので、ゼミ選考の際には他の多くのゼミが属する「演習」とは別枠で参加申し込みができ、選考プロセス上ダブゼミがしやすいです。

      Q5.2016年度選考はどんな感じだった?

      志望動機・開発経済に関する指定のTED動画に対する批判的コメントをまとめたレポートと4学期の成績表を提出し、英語の筆記試験、先生とゼミ生数人による面接がありました。(今年度の選考は多少の変更予定)

      Q6.駒場科目のテストに向けてアドバイス

      駒場での勉強はそれ以降の学びの基礎、前提知識になります。ゼミ選考でも「成績が悪ければ落ちる」なんてことはないですが、いいに越したことはないと思います。「成績はいかに努力したか、努力できる人間かを見る指標だ」と先生がおっしゃっていたようないなかったような。

      自信を持って、頑張って下さい!

      下津ゼミ

      金曜4限 計量・統計 少人数講義
      ゼミ公式twitter

      Q1.何について勉強してる?

      計量経済学の理論を学び、その知識をもとに学術雑誌に掲載された論文を読みます

      Q2.普段の活動はどんな感じ?

      Aタームは浅野・中村『計量経済学』という教科書を3年生が中心となって輪読して、計量経済学の理論を学習します。具体的な方法としては、毎週1人が担当となり発表、その他の人も演習問題を解くという感じです。

      Sタームは下津先生がチョイスしてくださった論文を毎週1本読んでいきます。

      どちらも発表者に先生や他のゼミ生が質問やツッコミをして理解を深めてきます。"

      Q3.教授はどんな人?

        計量経済学の理論を専門に研究されている先生です。

        ゼミ中はピリッとした雰囲気で、理解を深めてくれるような鋭い質問をしてくださいます。厳しいだけでなくフットサル大会に参加するなど積極的に学生と関わりを持ってくださいます。

        Q4.ゼミ生はどんな人たち?

        ダブゼミをしている人が多く、勉強熱心な人が多いと思います。

        ダブゼミ先はミクロ、マクロ、金融など様々です。

        Q5.2016年度選考はどんな感じだった?

        志望動機のレポートと駒場の成績から先生が選考します。

        成績がかなり重視されるようです。とりわけ統計の成績はかなり重要でしょう。

        Q6.駒場科目のテストに向けてアドバイス

        統計では授業を聞くだけではなくて、教科書・参考書の問題を手を動かして解いてみることが大事だと思います

        矢坂ゼミ

        木曜5限 農業経済 演習
        ゼミ公式twitter

        Q1.何について勉強してる?

        農業経済。農業を中心にした経済の実態について学び、調査や報告会等を行う。

        Q2.普段の活動はどんな感じ?

        夏学期:輪読、調査テーマ決め

        冬学期:調査に関わる一連のこと、ゼミ論の執筆

        Q3.教授はどんな人?

          穏やかで優しい。ゼミの時間が非常に好き。

          Q4.ゼミ生はどんな人たち?

          なぜだか個性豊か。ゼミ生同士の仲はいいほうだと思う。

          Q5.2016年度選考はどんな感じだった?

          書評の提出+面接。まともに日本語が書けるか 、話せるか見られています。成績は見ていません。

          Q6.駒場科目のテストに向けてアドバイス

          過去問で傾向を掴む。早めの時期からテスト勉強を始めよう

          佐口ゼミ

          金曜5限 労働経済 演習
          ゼミ公式twiiter

          Q1.何について勉強してる?

          雇用関係や転職、AIによる労働代替や長時間労働の問題など、日本の労働に関して様々なことを学んでいます。

          Q2.普段の活動はどんな感じ?

          週1回、金曜5限に輪読を中心とした活動を行っています。輪読のほかには前期に個人で、後期にグループでの発表があります。

          Q3.教授はどんな人?

            学生に親身になってくださる先生です。スポーツに造詣が深く、特にバスケットボールがお好きだそうです。

            Q4.ゼミ生はどんな人たち?

            運動系の部活やサークルに入っていたりダブゼミしていたりと活動的ですが、どちらかというとおとなしい性格の人が多いです。

            Q5.2016年度選考はどんな感じだった?

            提出物は志望動機のみです。応募者多数の場合も、原則として面接等は行わないそうです。また成績は考慮していないと思います。

            Q6.駒場科目のテストに向けてアドバイス

            おそらく4年間の試験の中で最も負担の大きい試験だと思うので、しっかり準備をした方が良いと思います。(少なくとも教養時代の試験より難しいです。)全単位を取得することよりも、コマバックしないことを最優先すると良いでしょう。